KI Sign Editorの画面構成

KI Sign Editorの画面構成について説明します。

ダウンロードページへ戻る

動画

トップ画面

画面上部は、メニューバーになります。
シナリオのインポートやエクスポート、LAN運用の場合、アップロード・ダウンロードを行います。

画面左上はグループ一覧になります。

画面左下はシナリオ一覧になります。
選択されたグループのシナリオが表示されます。
シナリオは、ドラッグ&ドロップで別グループに移動が出来ます。

画面右側はプレビュー画面になります。
選択したシナリオのプレビューを表示します。
拡大ボタンをクリックすると拡大表示が可能です。

シナリオ作成画面

新規でシナリオを作成した場合、プランから表示し、既存のシナリオを開いた場合、シーン作成から表示されます。

プラン
画面全体の構成など、シナリオの骨格を決める作業を行います。

シーン作成
ボタン操作などに連動して画面に表示されるシーンを作成します。

画面左側はツールボックスになります。
部品や他のシナリオをドラッグ&ドロップで使用することが出来ます。

画面中上は、シーン一覧になります。
プラン画面で定義したシーン領域に各シーンが表示されます。

画面中下は、パート一覧になります。
シーン内に部品を挿入する場合、パートに配置します。

画面右側は、簡易編集領域になります。
テキスト・画像の変更やプレビュー、詳細編集画面を表示することが出来ます。

ボタン設定
ボタンのリンク先を、ドラッグ&ドロップ操作によって設定します。
多くボタンをクリックするとボタンが配置されたシーンを拡大表示することが出来ます。

シナリオ編成
ローテーション表示するシーンの選択と、ローテーション表示の順番などの設定を行うことができます。

リハーサル
ボタンの操作、スケジュールによるローテーション表示の設定を確認することができます。

プレイ
PC上でシナリオを直接プレイします。Escキーでプレイを停止します。

コンテンツ出力
実際に出来上がったシナリオをUSBメモリに出力します。LAN運用の場合には、LAN環境にアップロードが出来ます。