フォルダーのパス設定手順

KI Signでは、メディアフレーム、テロップ、表データ部品、ファイルボタンなど 多くの部品でフォルダーと連動して、表示を切り替える機能を有しています。ここでは、フォルダーとの連動に必要なパスの設定手順を説明します。

ダウンロードページへ戻る

動画

設定手順

1.フォルダーと連携可能な部品が含まれるシーン・パートを選択し、設定ボタンをクリックします。

2.設定画面が表示されます。表示対象となるフォルダーを指定します。

設定画面例

メディアフレームの設定画面です。
対象フォルダーに表示対象となる素材が格納されているフォルダーを指定します。

テロップの設定画面です。
テロップの内容をテキストファイルから取得にチェックを入れます。
対象フォルダーにテロップで流すテキストファイルが格納されているフォルダーを指定します。

表データ(行指定・リスト表示)の設定画面です。
パスにCSV(xlsxも可)が格納されているフォルダーを指定します。
ファイル名に表示対象のCSV(xlsx)名を指定します。