シーンのローテーション

KI Signでは、作成したシーンをローテーション表示することが可能です。

ダウンロードページへ戻る

ここではPDFや動画をスライドショー表示するメディアフレームと、Webサイトを表示するウェブブラウザー部品をローテーション表示してみます。

シーン準備

1.トップ画面で新規シナリオをクリックします。

2.テンプレート一覧から新しいシナリオを選び、選択ボタンをクリックします。

3.プラン画面が表示されます。 設置予定のディスプレイに合わせて、縦横比を選択します。
シーン作成をクリックし、シーンを作成していきます。

4.画面左ツールボックスの部品をクリックし、メディアフレームをドラッグ&ドロップでシーンに配置します。

5.続けて、2ページ目にあるし、ウェブブラウザーをドラッグ&ドロップでシーンに配置します。

6.メディアフレーム、ウェブブラウザー部品それぞれにパス・URLを設定します。
※パスの設定については、フォルダーのパス設定を参照してください。

ローテーション設定

1.シナリオ編成をクリックします。

2.スケジュールの追加ボタンをクリックします。

3.ウェブブラウザーシーンの表示時間を設定します。
※メディアフレームは、対象フォルダーに格納した素材分表示するため、表示時間が設定出来ません。(設定から変更可能)

4.リハーサルをクリックし、表示を確認します。

メディアフレームで指定したフォルダーの素材が表示されたあと、ウェブブラウザー部品で指定したWebサイトが表示時間分表示される事を確認します。